北堀江にCerchio復活!
by cerchio344
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
カテゴリ
全体
白トリュフ
料理&食材
イタリア郷土料理会
トピックス
77屋台村
料理教室
ワイン
77会
ジビエ
すてきなお店♪
Jazz
ひとりごと
イタリア紀行
MOTO
お気に入りブログ
DAIGAKU 他谷のブログ
WineShop FUJ...
オータしゃちょうの風雲録
ラ・バッロッタ
le tempo de ...
Marble*tre ...
ランジュヴァンの日記
CAVE DES PAP...
Rittoのブログ
エノテカビアンキのブログ
マツケン食堂のブログ
クロネコブログ
最新の記事
9/27(日)30(水)お料..
at 2015-09-15 12:30
台風にも負けず、営業いたします!
at 2015-08-25 17:08
8/22.23気まぐれランチ..
at 2015-08-21 15:01
ケータリング承ります♫
at 2015-02-28 17:13
今週も不定期ランチ営業いたし..
at 2015-02-13 17:18
2/8(日)臨時休業のお知らせ
at 2015-02-06 17:04
2月の週末ランチ営業
at 2015-02-05 14:58
ブログパーツ
以前の記事
2015年 09月
2015年 08月
2015年 02月
more...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ロンバルディア州やっとその②

Booがイタリアを満喫しているこの一週間
独りさみしく営業中のあごひげウサギですピョン



みんな来てくれないと、
寂しくて死んじゃうぞ。。。





アイツが現地で楽しんでるなら、こっちはアルバム見て脳内イタリア旅行しましょ

先日もUPしましたように、今月はロンバルディア月間、そして今日はワインの紹介です


ミラノが位置するロンバルディア州。州の北端に位置するSondrio(ソンドリオ)
それからさらに北上すると目の前に現れるのはアルプス山脈、スイスとの国境境です
c0210540_2012928.jpg


そのアルプスを正面に眺めながら両側にそびえるのが
Valtellina ヴァルテッリーナ渓谷です



この土地で造られる赤ワインに
ヴァルテッリーナ・スペリオーレヴァルテッリーナ・スフォルツァート
というDOCGがございまして、それらを造るブドウ品種を=キァヴェンナスカと呼びます

キァヴェンナスカはこの土地ならではの呼び方で、お隣ピエモンテではこう呼びます

先日もブログに書きましたよね?僕が愛して止まない葡萄、もうお解かりですね~?




はいっ! せ~のっ 


 
「・・・・・・・・」




はい、皆さんよく出来ました!  そう、Nebbiolo=ネッビオーロです



ピエモンテでBAROLOやBARBARESCOを生み出す品種が
ヴァルテッリーナでも造られているんです

それもスッゴイ断崖絶壁で・・・


僕らが訪問したのは『サンドロ・ファイ』
c0210540_20125756.jpg

最大傾斜50度ってききました。それを段々畑に削って葡萄畑にしている訳です

傾斜がきつ過ぎて機械も入れませんから、手作業で剪定や収穫を行うわけですから
とてつもない重労働な事は容易に想像できます

あ、でもこないだ植樹したF〇さんの新しい畑も最大傾斜はコレ位あったかもww

c0210540_20142259.jpg

ちょうど収穫時期真っ只中の一年で一番忙しい時期に訪問したのですが
快くCantinaから畑まで案内してくださいました
c0210540_20134747.jpg

当然畑までは車では登れず、クネクネした急な農業道路を歩いて中腹まで
(確か標高4~500m)

こちらの単一畑の『カルテリア』

その畑の横にこんなステキな小屋が!
c0210540_20144912.jpg

作業員の休憩小屋なんですって!!カワイすぎる (ジブリやん!)

そしてこの小屋でコチラのワイン全種(日本未入荷含め)をテイスティングさせていただきました
さらに現地のサラミとパンも   な・ん・て・贅沢!! Grazie Mille!!
c0210540_201642100.jpg

c0210540_20171048.jpg


おなじネッビオーロでもピエモンテと比べると柔らかくてやさしい印象
ファイ曰く土壌と気候の差だそうな。。。やはりワインは土地とそして人やね~


その後はスフォルッツァート(アマローネと同じ製法で陰干ししたワイン。ヴェネトと交流深いこの土地はパッシートも行う)用の畑に別ルートから車で登りました(標高900m)
c0210540_20173610.jpg

絶景でしたけど、ここで作業する人絶叫ですよね?
そう考えるとワインて決して高くないよな~~

c0210540_20182394.jpg



そして満タンのスーツケース5個積んだフォードは崖を下りきった時
ブレーキディスクから白煙を吹くのであった・・・

あん時は焦ったね~~
[PR]
by cerchio344 | 2011-09-06 20:33 | イタリア紀行
<< 仔牛のコトレッタ・ミラネーゼ Buon Viaggio! >>